鶴舞公園クリニック分院、名古屋・鶴舞・覚王山のカーボンピーリング・アートメイクのアトリエ・スタジオ・クオール・アイダージュ

鶴舞公園クリニック分院のカーボンピーリング・アートメイクは女性医師とメイクアップアーティストで安心!

カーボンピーリングの原理Carbon Peeling

レーザーカーボンピーリングの歴史は結構古く、1999年のjournal of cutaneous laser therapyという専門誌に論文が掲載されています。( こちら

実際の施術の様子

説明

まず、お顔全体にカーボンローションを外用します。カーボンローションというのは、炭素粒子をミネラルオイル(=ベビーオイルのこと)に懸濁したもので、当院では自家製です。なぜ自家製かというと、出来合いのカーボンローションは、粒子径が大きいからです。(図1)

カーボンローション図1
図1

カーボン粒子の大きさは、毛孔の引き締めに対する作用を考えたときに重要です。毛孔の直径はだいたい50μmくらいですが、出来合いのカーボンローションの粒子径は必ずしも均一ではなく、だいたい20μmのようです。
これでレーザーピーリングをしますと、下図左のような感じです。(図2左)

カーボンローション図2
図2

カーボン粒子は毛孔のふちに引っ掛かって、そこでレーザー光に反応して爆発してエネルギーに変わります。
この刺激が毛穴のお掃除と、それに続く引き締め効果へとつながります。大きな粒子でも効果が無いわけではないのですが、より粒子径の小さなカーボン粒子を用いたほうが(図2右)、しっかりと、毛穴などの、凹凸の凹部に作用します。
なので、当院では、カーボン粒子の専門メーカーから極小の粒子径2μmのものを取り寄せて、自作しています。粒子サイズにこだわっているのは、たぶん日本ではうちだけだと思います。 さて、この皮膚の上にカーボンを塗って焼くという作業は、上に記した毛孔への効果のほかにも、いろいろな意味があります。

カーボンを塗らずに低出力のレーザーを皮膚にあてると、その多くは、角層・表皮の浅いところを透過して、表皮の一番深い層(基底細胞層)および真皮上層で吸収されます。この部に茶色~黒色のメラニンが多いからです。(図3)

カーボンローション図3
図3

一方、皮膚表面にカーボンを塗って、低出力のレーザーを当てると、レーザー光の多くは、このカーボンに吸収され、熱や振動、二次的に発生する様々な波長の強い光といったエネルギーに変換されて角層や表皮の浅い部分へと作用します(一部は、カーボンにトラップされずに、深いところに達します)。(図4)

カーボンローション図4
図4

レーザーは単一波長ですが、カーボンに当たったときに発生する二次的な光の波長は様々です。ちょうど、フラッシュ光線のようなものです。
ですから、レーザーカーボンピーリングというのは、フラッシュ光線(フォトフェイシャルなど)とレーザーとを混ぜて照射しているようなものです。カーボンを介した「間接照明」みたいな感じですね。

さて、当院では、レーザーカーボンピーリングの直後には、ビタミンCのイオン導入を必ずします(5回で10万円という価格は、イオン導入とのセットです)。その理由を解説します。 (図4)で、角層は、ダメージを受けて、ミクロのレベルで「ひび」が入ったような状態になります(見た目の変化は無いですが)。

そもそも、ビタミンCというものは、なぜイオン導入するかというと、ビタミンCというのは、電気的にマイナスに帯電していて、一方、角層もマイナスに帯電しているので、ただ塗っただけでは、電気的に反発して、ほとんど皮膚に入っていきません。(図5)
それで、ビタミンCを皮膚に塗って、それをさらに上から強力なマイナスの電位でもって無理やり押し込めていく、それがイオン導入です。

カーボンローション図5
図5

ところが、レーザーカーボンピーリングを行った直後というのは、角層にミクロのひびが入ったような状態になっており、ビタミンCが入りやすくなります。一時的にゲートが開いているわけですね。そこにさらにイオン導入してやれば、とても導入効果が高いです。(図6)

カーボンローション図6
図6

(参考:この種のレーザーによるmicrodermabrasionがビタミンCの皮膚への浸透を高めることは基礎研究によっても確認されています( こちら

さらに、ビタミンCのイオン導入というのは、上の動画でご覧いただくと解るように、皮膚をビタミンCの溶液を沁み込ませたコットンで拭き取るような作業の繰り返しですが、このとき、ひびの入った角層は、無理なく剥がれてきます。「ピーリング」です。

下の写真は、レーザーカーボンピーリングをした後で、イオン導入をした際に、順番に交換したコットンを左から並べたものです。これだけの量の古い角質が、ピーリングされて、その分、お肌の色は、施術直後に明るくなっています。

レーザーカーボンピーリング後イオン導入の交換したコットン

下段の黒いガーゼは、カーボンローションです。色の違いから、上段のコットンに付いてきたのが、カーボンの残りではなく、剥がれた角質細胞だということがわかります。顕微鏡で拡大しても、確かに角質細胞とわかります。

以上のように、レーザーカーボンピーリングおよび、その直後のビタミンCイオン導入というのは、いくつものメカニズムがうまく組み合わさって、総合的に「くすみ・しみ・美白(透明感が出てきます)・肌の張り・毛穴の引き締め・にきび」などに作用するものです。肝斑・戻りじみにも有効です。

クリニックのご紹介

住所:名古屋市中区千代田5-15-17 2F
アクセス:鶴舞線「鶴舞駅」2番出口徒歩3分(本院の道を挟んで隣のビル2F)
電話:052-252-0210
Googleマップで見る
アトリエについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク

住所:名古屋市中区千代田5-20-6 2F
アクセス:鶴舞線「鶴舞駅」2番出口徒歩3分(本院の2F)
電話:052-265-5228
Googleマップで見る
スタジオについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク

住所:名古屋市千種区山門町2-76-2 ラトゥールブランシェ401
アクセス:東山線「覚王山駅」駅2番出口徒歩2分
電話:052-753-8592
Googleマップで見る
クオールについてはこちら
カーボンピーリング

住所:名古屋市中村区名駅2-45-19 桑山ビル9F
アクセス:東山線「名古屋駅」1番出口徒歩2分
電話:052-753-8592
Googleマップで見る
アイダージュについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク


各クリニック完全予約制です。休日・営業時間はクリニックによって異なり、また時どき変更もありますので、各クリニックに直接お電話でお問い合わせください。