鶴舞公園クリニック分院、名古屋・鶴舞・覚王山のカーボンピーリング・アートメイクのアトリエ・スタジオ・クオール・アイダージュ

鶴舞公園クリニック分院のカーボンピーリング・アートメイクは女性医師とメイクアップアーティストで安心!

なぜ2回の施術が必要なのか?ArtMake

アートメイクは、なぜ施術が「2回」なのでしょうか?

それは、「表皮のターンオーバーが4~6週である」ためです。

表皮のターンオーバーが4~6週

アートメイクは、約4週間の間隔をあけて、2回の施術が基本です。なぜ、「2回」なのでしょうか?

デザインや色調の微調整のため、ということもあるのですが、それ以上に実は大きな理由があります。
それは、「表皮のターンオーバーが4~6週である」ということです。

皮膚は、表皮と真皮に分けられます。(図1)
表皮というのは、再外層のよろいのような構造で、外界に対するバリアとして働きます。真皮はコラーゲンなどが豊富で、ふっくらした柔らかさを保ちます。

表皮では、たえず細胞が分裂増殖していて、基底層から最外層の角層まで、約4~6週間かけて押し出されていきます。いわゆる「垢」は、表皮細胞が最終分化して角層となったあと、剥がれ落ちたものです。

表皮のターンオーバーが4~6週
図1

色素は角層から真皮浅層まで入る

アートメイクは、色素を針で打ち込んでいくわけですが、このとき、直後には、色素は角層から真皮浅層まで入り込みます。(図2)

色素は角層から真皮浅層まで入る
図2(黒丸が色素)

薄いかさぶたが剥がれ色が薄くなる

数日すると、まず角層の色素(というよりも染色された角層)が、剥がれ落ちます。薄いかさぶたが剥がれるような感じです。そのため少し色が薄くなります。(図3)

薄いかさぶたが剥がれ色が薄くなる
図3

約4週間かけて表皮が入れ替わる

ついで、約4週間(刺激を受けたために若干ターンオーバーが早くなるかもしれない)かけて、表皮が入れ替わります。
すなわち表皮内に入り込んだ色素は全部取れてしまいます。真皮に入り込んだ色素のみが残ります。(図4)

約4週間かけて表皮が入れ替わる
図4

真皮に入り込んだ色素はそのまま

真皮は、表皮のように外に剥がれて入れ替わるということがないので、真皮に入り込んだ色素はそのまま残ります。この色素は、2~3年かけて消えていきます。

以上のような理由で、アートメイクの仕上がりというのは、色素が入った直後ではなく、約4週間経ったあとで判断しなければなりません。

クリニックのご紹介

住所:名古屋市中区千代田5-15-17 2F
アクセス:鶴舞線「鶴舞駅」2番出口徒歩3分(本院の道を挟んで隣のビル2F)
電話:052-252-0210
Googleマップで見る
アトリエについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク

住所:名古屋市中区千代田5-20-6 2F
アクセス:鶴舞線「鶴舞駅」2番出口徒歩3分(本院の2F)
電話:052-265-5228
Googleマップで見る
スタジオについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク

住所:名古屋市千種区山門町2-76-2 ラトゥールブランシェ401
アクセス:東山線「覚王山駅」駅2番出口徒歩2分
電話:052-753-8592
Googleマップで見る
クオールについてはこちら
カーボンピーリング

住所:名古屋市中村区名駅2-45-19 桑山ビル9F
アクセス:東山線「名古屋駅」1番出口徒歩2分
電話:052-753-8592
Googleマップで見る
アイダージュについてはこちら
カーボンピーリングアートメイク


各クリニック完全予約制です。休日・営業時間はクリニックによって異なり、また時どき変更もありますので、各クリニックに直接お電話でお問い合わせください。